モモあかつきの出荷ピーク 、玉伸び進み、品質も上々

南信州経済

[ 2013年 7月 30日 火曜日 16時48分 ]

 下伊那園芸農業協同組合=飯田市箕瀬町=でモモの主力、あかつきの出荷がピークを迎えている。4月の凍霜害の影響があるものの、このところの高温で玉伸びが進み、前年並みの出荷量を確保できる見込みまで回復。連日2トン余を選果し、北海道、関東、中京、九州などの市場に出荷している。

 22日の初選果から1週間が経ち、出荷量が増大した。今季は果肉先行で着色の遅れも見られたが、各ほ場で収穫摘期を迎えた。

 29日も2万トン余が飯田下伊那各地の生産者から運び込まれ、機械が選果した。

 あかつきは次々と吸い上げられてコンベアに運ばれ、各計器を通過、品質別に分けられた。

 例年より糖度が高く、販売部長は「品質が良く、自信を持って皆さんに届けられるものができた」と胸を張った。

 あかつきの出荷は8月8日ごろまで。市田柿やナシなどに深刻な被害をもたらした4月の凍霜害の影響が出ているものの、肥大が進んで1玉当たりの重量が増していることから、前年並みとなる90トンの出荷量を見込んでいる。

 園協の選果はあかつきから始まり、8月上旬からナシの幸水、リンゴのシナノゴールドを出荷。リンゴの晩成種、ふじが終わる12月中旬まで果樹の出荷リレーが続く。

 選果場での直売にも応じている。問い合わせは同園協(電話0265・22・2001)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞