リニアと三遠両期成同盟会が決議

南信州経済

[ 2013年 2月 8日 金曜日 9時35分 ]

 リニア中央新幹線建設促進飯伊地区と三遠南信道路建設促進南信地域の両期成同盟会の定期総会が7日、飯田市錦町のシルクホテルで順次開かれた。構成する飯田下伊那の市町村や業界団体の代表ら約100人が出席。2大インフラの早期開通や将来の地域づくりに向け、一丸となって取り組むことを決議した。

 リニアに関してはJR東海が秋にも環境影響評価準備書を公表し、ルートや中間駅位置の詳細も明らかにする予定。総会で承認された新年度事業計画では、リニア時代を見据えたまちづくり関連の講演会やシンポジウムの開催などを盛った。

 両会の会長を務める同市の牧野光朗市長は冒頭、秋のリニアルートや駅位置の確定方針を見据え「戦略的地域づくりの推進が大事になる。構成団体が個々の役割をしっかり担い、全体としての支援と協力に努めながら、県をはじめとする関係機関とも連携し、早期開通に地域一丸でまい進を願う」と呼び掛けた。

 リニア将来ビジョンに掲げた「小さな世界都市」、「多機能高付加価値都市圏」に絡めて「地域資源を見つめ直し、生かし、住民が誇りを持って安心して暮らせる地域づくり、他所からも行きたいと思わせる魅力的な地域づくりが大切」とも述べた。

 総会決議のうち、リニアは▽県など関係機関と連携し、環境に十分配慮し、地域要望を踏まえた計画になるよう取り組むとともに早期開通を目指す▽リニア将来ビジョンに掲げた地域の将来像の実現に向けて、構成団体が役割を担いつつ戦略的地域づくりを推進する―の2点を掲げた。一方の三遠南信道は、事業の意義や進ちょく状況や見通しも踏まえ「早期完成を目指す」とした。

 リニア同盟会の事業計画によると、新年度はリニアへの関心を高め、リニアを見据えた地域づくりを進めるための講演会やシンポジウムの開催、リニアに関する情報の収集・調査、分析などを予定。関連事業費は119万円で前年度より44万円多く盛った。

 三遠南信道の同盟会総会では役員選任もあり、副会長に県経営者協会飯伊支部長の萩本範文氏と県中小企業団体中央会下伊那支部長の中田教一氏を加えた。

 昨年11月のリニア中央新幹線建設促進長野県協議会の総会では、ルートや駅位置の絞り込みに際して▽飯田線との結節▽水源域の回避▽文化財の回避―などを要望する決議を採択し、JR東海に要望書として提出している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15