三遠南信サミットの主題を「防災」に

南信州経済

[ 2019年 6月 25日 火曜日 15時01分 ]

 三遠南信地域(東三河、遠州、南信州)の自治体と商工会議所、商工会でつくる三遠南信地域連携ビジョン推進会議(SENA、会長=鈴木康友浜松市長)は24日に浜松市で開いた委員会で、10月30日に飯田市で開く第27回三遠南信サミット2019in南信州の主題を「防災」にすると報告した。今回から特定の主題に焦点を当て、踏み込んだ議論をすることでビジョンの進展を図る。

 三遠南信サミットはこれまで、抽象的な主題を掲げて開くことが多かったが、今後4年間のサミットでは、第2次三遠南信地域連携ビジョン(2019~30年度)の基本方針とした「道」「技」「風土」「住」「人」の中から1つに絞ることにした。

 今秋は「住~安全安心な広域生活圏の形成」を取り上げ、三遠南信地域に大きな被害をもたらすと予想される南海トラフ地震に備えて、日頃からの地域連携の必要性を再認識し、防災プラットフォームの形成を検討するきっかけづくりの場と位置付けた。

 出席者からは「入口としては分かりやすい。1地域ではできないことだけに、みんなが乗りやすいテーマ」といった声のほか、成果に対する期待も聞かれた。内容と実施方法は追って発表する。

 神野吾郎豊橋商工会議所会頭は「新ビジョンにも踏み込んだ実行計画が必要。計画期間中にリニア中央新幹線の開業によってスーパーメガリージョンが形成され、展望としてはこの10年が最後のチャンスだと思う」と指摘した。

 鈴木会長は「具体的な提案を(構成員に)ヒアリングしたい」と応じた。

 委員会には牧野光朗市長ら首長、商工会議所会頭などが出席した。

◎写真説明:浜松で開いたSENAの委員会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞