三遠南信道 飯田商議所が国交省へ要望 早期開通へ向け予算確保を

南信州経済

[ 2016年 1月 22日 金曜日 13時27分 ]

 飯田商工会議所(柴田忠昭会頭)は21日、国土交通省を訪れ、三遠南信自動車道の早期全線開通に向けた来年度予算の確保・拡充と一層の事業推進を求める要望活動を展開した。

 活動には柴田会頭、宮島八束前会頭をはじめ同会議所議員や飯田市職員らが参加。同省の森昌文道路局長、徳山日出男事務次官らと面談した。

 柴田会頭は、三遠南信道の部分供用によりすでに認められているストック効果や全線開通により見込まれる効果などを説明し、その重要性を強調。さらに、調査坑の掘削工事が進む青崩トンネルなどの工事状況に触れ、予算の確保による着実な事業推進に感謝を示すとともに、「順調に工事が進んでおり、早期開通への期待も大きくなっている。地域の悲願実現に向け、一層の推進をお願いしたい」と求めた。

 要望を受け森道路局長は、「三遠南信道は全くのゼロから立ち上がった道路。地域振興に必要な道路として整備が始まった全国初のモデルともいえる。時間は掛かっているが、ゴールが少しずつ見えてきたことは、地元地域や関係者の努力のたまもの」と敬意を表し、「事業がスタートしている以上どんどん推進していきたい。引き続き力強い後押しをお願いしたい」と呼び掛けた。

 同省訪問後には、宮下一郎衆議院財務金融委員長、吉田博美参議院自民党国会対策委員長を訪ね、活動経過を報告するとともにバックアップを求めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19