三遠南信道「一日も早い開通願い」飯喬3工区同盟会が総会

南信州経済

[ 2014年 6月 19日 木曜日 12時44分 ]

 三遠南信道のうち飯田市上久堅と喬木村氏乗を結ぶ「飯喬道路3工区」の早期完成を目指す「建設促進期成同盟会」は18日、本年度総会を喬木村福祉センターで開き、提言活動を盛った本年度事業計画案や予算案を承認した。住民の期待は大きいとし、一日も早く開通するよう地域が一体となって取り組むことを確認した。

 牧野光朗飯田市長や市瀬直史喬木村長らがあいさつに立ち、牧野市長は生活、防災などの視点から見ても大変重要な道路とし「建設促進に向けてスクラムを組んで進めていく」などと話した。

 総会では昨年度事業報告や本年度事業計画案、予算案などを承認した。任期満了に伴う役員選出もあり、会長に喬木村区長会長の松島芳久氏を新任。松島氏は「地域間の交流を生み出し、沿線地域の振興にもつながる道として期待は大きい」と述べた。任期は1年。

 総会後は国土交通省中部地方整備局飯田国道事務所の職員が三遠南信道の整備状況を説明した。

 3工区は飯田東IC(仮称)―喬木IC間の7・5キロ。急峻(しゅん)な地形のため、11のトンネルと9つの橋を造る計画で、トンネルと橋が全体の6割を占める。大きな切り土が必要な箇所にトンネルを造り、本線の下に川や沢があるところは橋を設ける。氏乗雨沢地区には氏乗IC(仮称)ができる。

 同事務所によると、飯喬道路のうち天龍峡IC―龍江IC(仮称)間は工程精査中とし、龍江IC―飯田東IC間は17年度に供用開始する予定。

 3工区の予定路線では調査設計を進め、一部区間では道路建設工事や橋の下部工事を実施している。完成は着手後おおむね10年程度を目指すとしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52