三遠南信道の早期開通要望

南信州経済

[ 2017年 1月 14日 土曜日 14時19分 ]

003sanennanshin

 飯田商工会議所(柴田忠昭会頭)は13日、柴田会頭をはじめ、同会議所リニア三遠南信推進委員会の大田中峰雄委員長らが国土交通省を訪れ、三遠南信自動車道の早期全線開通、特にリニア中央新幹線の開業に先駆けた開通に向け、予算の確保、拡充による一層の整備推進を求める要望活動を展開した。

 同会議所では、昨年11月の議員改選に合わせ、各議員が所属する7委員会の体制を見直し。リニア、三遠南信道と、二つの巨大インフラ整備による地域経済への波及効果を最大限化するため、従来の地域開発委員会をリニア・三遠南信推進委員会と改称し、両プロジェクトに特化した事業を展開する方針を打ち出した。今回の要望活動も同委員会事業の一環。

 この日は、石川雄一道路局長、川崎茂信国道・防災課長らと面談した。柴田会頭は、飯喬道路や青崩峠道路など三遠南信道の工事状況を説明し、着実に整備が進んでいることに感謝。また、部分供用により産業面、観光面などで、すでにさまざまなストック効果が現れていることに触れ「全線開通への地域の期待は大きい」と、早期の全線開通へ尽力を願った。

 要望を受け石川道路局長は、「従来幹線道路がなかった場所に新たな道路ができることは、さまざまな需要を誘発する効果が大きい。合わせてリニア新幹線の効果をより広範に及ぼすためにも、リニア開業前の全線開通が必要」と三遠南信道の早期開通に理解。川崎国道・防災課長は「道路の重要性を訴える地域の声を、今後もどんどん上げてほしい。そうした声に一生懸命応えていく」と話した。

 活動を終え柴田会頭は、「要望活動を重ねてきたことにより、三遠南信道の重要性や地域の期待の大きさなど、国の理解が年々高まっているように感じる。このことは大きな財産」と手応えを口にした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

五輪メダルの製作に 松川町も来月から協力

1月20日土曜日14:27

ザザムシ食べまいか かわらんべで調理体験

1月20日土曜日14:45

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号