三遠南信道の鳳来峡~浜松いなさ北が開通

南信州経済

[ 2012年 3月 6日 火曜日 8時49分 ]

 三遠南信自動車道のうち、浜松河川国道事務所が建設を進めてきた愛知県と静岡県をまたがる佐久間道路・三遠道路(約21キロ)の鳳来峡~浜松いなさ北インターチェンジ(IC・延長13・4キロ)区間が4日、開通した。4月14日に部分開通する新東名高速道の御殿場~三ケ日ジャンクション(JCT・延長162キロ)とも浜松いなさJCTを通じて同時開通することから、愛知、静岡方面へのアクセスはより一層向上する。

 午後3時の開通を前に、浜松市立引佐北部中学校で開かれた式典には同市や新城市、地域住民や中部地方整備局職員ら約130人が出席。

 三遠南信地域連携ビジョン推進会議(SENA)の会長を務める鈴木康友浜松市長は「毎年のように陳情を行い、ようやくここに至った。広域連携にとって大きな一歩」と述べ、「飯田市までは乗り越える課題が多く残されているが、引き続き1日も早い一体としての供用開始を目指したい」とあいさつ。同整備局の足立敏之局長は東海地震などを踏まえながら「災害時の救援救助ルートとしての役割に大きく寄与する」と強調した上で、観光、産業面も含めた広域的な効果に期待を寄せた。

 会場を浜松いなさ北ICに移し、来賓や浜松市田沢幼稚園の園児たちも参加してテープカットを実施。約30台による鳳来峡ICまでの記念パレードも行われた。区間は無料で、同ICでは開通を待ち望む一般車が行列をつくり、午後3時の開通と同時に新しい道路の感触を味わった。

 開通区間は1991年に基本計画化し、93年に事業着手。中央構造線が通る難所に加え、三遠トンネル(4・5キロ)や渋川トンネル(1・6キロ)をはじめとする計5つのトンネルを完成させた。区間内には3カ所のICが設置され、鳳来峡ICと渋川寺野ICは浜松方面への出入りのみ、浜松いなさ北ICは飯田方面への出入りのみのハーフインターとなっている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34