三遠南信道・新東名接続でアクセス向上

南信州経済

[ 2012年 4月 17日 火曜日 9時57分 ]

 新東名高速道路の御殿場(静岡県御殿場市)~三ケ日(浜松市)両ジャンクション(JCT)間の延長約162キロが、14日午後3時に開通した。これに合わせ、飯田市と浜松市を結ぶ三遠南信自動車道(佐久間道路・三遠道路)の浜松いなさ北インターチェンジ(IC)~浜松いなさJCT間0・5キロも開通し、浜松いなさJCTで新東名と接続。飯田下伊那と静岡、愛知両県とのアクセスが向上し、ゴールデンウィークなどの行楽シーズン、例年以上の往来が見込まれる。

 新東名は、神奈川県の海老名南JCTと愛知県の豊田東JCTを結ぶ全長254キロで、2020年に全線開通する計画。今回部分開通した、区間延長約162キロは高速道路史上最長となる。

 並行する東名高速道路の渋滞緩和を図るため、1987年に計画され95年に着工。当初は2013年3月の完成予定だったが、東海地震など災害時の緊急輸送路としての期待も高いことなどから、1年早い開通が実現した。中日本高速道路によると、新東名を利用した場合の東京―名古屋間の距離は、東名経由より10キロ短く、所要時間は20分短縮されるという。

 三遠南信道(佐久間道路・三遠道路)は先月4日に鳳来峡(新城市)~浜松いなさ北IC間の13・4キロが開通。浜松河川国道事務所では、新東名と接続したことと合わせ、飯田―浜松間の所要時間は、従来の一般道利用と比べ約1時間20分短縮され、2時間40分ほどになるとしている。

 14日、浜松いなさJCT付近では、周辺住民らがJCTを見渡せる高台から開通後の様子を見学。東名と接続する三ケ日JCT方面から東京方面へと向かい、続々と入り込む乗用車の列を見つめた。また、割合は少ないながらも、三遠南信道「飯田」方面へと向かう乗用車もあった。住民らは「東京、名古屋、飯田へと各方面に動きやすくなった。利用して出掛けるのが楽しみ」と笑みを見せていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞