三遠南信飯喬道路3工区の工事スタート

南信州経済

[ 2013年 8月 23日 金曜日 9時39分 ]

 三遠南信自動車道飯喬道路3工区・飯田東インター(仮称)―喬木インター間=延長7・5キロ=の本線工事が、飯田市上久堅の喬木村境で今週からスタートした。工事内容は本線ルート上にある樹木の伐採で、来週には同上久堅の飯田東インター付近でも同様の工事に着手する。

 着工したのは、三遠南信原平道路建設工事=延長400メートル=で、工期は本年度末まで。本線ルート上の樹木伐採を約1カ月かけて行った後、土工事、排水工事、橋台工事などに取り組む。また、来週には三遠南信上平原平道路建設工事=延長400メートル=が着工。本年度末までに同様の工事が行われる。

 飯喬道路は、1工区の飯田山本―天龍峡インター間=延長7・2キロ=が2008年に供用開始。2工区の天龍峡―龍江インター(仮称)間=延長4・0キロ=は15年度、龍江―飯田東インター間=延長3・4キロ=は17年度の供用に向け工事が進んでいる。

 国土交通省飯田国道事務所では、これまで3工区の供用開始時期について、「着手後おおむね10年程を目指すものの、完成に向けた円滑な事業実施環境が整った段階で確定する」と表現。いよいよ3工区でも本線工事がスタートしたことを受け、「できる限り早期の供用を目指し、しっかりと事業を進めていきたい」とした。

 三遠南信自動車道の一部を構成する飯喬道路は、飯田下伊那地域への高速交通サービスの提供、アクセス強化、国道256号の通行不能区間解消などを目的に計画された自動車専用道路。中央自動車道と結びついた高規格幹線道路の効率的ネットワークの形成をはじめ、飯田市に集中する交通の分散を図る観点からも、国道151号、153号、256号をはしご状に結ぶ環状道路としての整備が求められている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞