下條村の三墓栗生産組合で栗の出荷最盛期

南信州経済

[ 2010年 9月 16日 木曜日 9時11分 ]

 下條村の三墓栗生産組合(代田司郎組合長)で栗の出荷が最盛期を迎え、13日に取り引き先の業者を迎え目ぞろいを行った。同組合の栗出荷は昨年から開始。9月末まで5トンを目標に出荷する。

 同組合は、三墓地区の13人が結成。6年前に、養蚕衰退後の遊休農地2・3ヘクタールを活用して栗1200本を植え、一大栗園が誕生。木が成長し、昨年から上伊那郡飯島町の信州里の菓工房への出荷を開始。初年度は1800キロを出荷。成木10年目まで毎年収量が倍々に増えていく。

 目ぞろいには、岐阜県恵那市川上屋の農業法人恵那栗から伊藤直弥副代表が訪れ、高級菓子の材料になる栗の選別方法を指導。ことしは温暖だった日が続いたが、栗がイガの中で蒸れ、カビが入る被害が多かった。

 伊藤さんは栗の形や色、しわ、割れなどから、カビや病気、未熟な栗の見分け方を確認。「これだけ省くとなくなってしまうと嘆く方もいるが、選果が厳しいことで価格を維持できる。病気やカビは日常管理で減らせる。病気はイガに残っていることがあるので拾うときにすべて片付けて」などと呼び掛けた。

 組合長の代田司郎さん(80)は「皆が意欲を持って取り組んでいる。去年以上にがんばっていきたい」と話していた。信州里の菓工房は9月の栗シーズン中、下條村や飯島町80戸の農家から毎日2トンずつ栗が搬入され、月間で50トンほどになるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞