下條村の農場でクリ観光のシーズンに

南信州経済

[ 2012年 9月 28日 金曜日 15時24分 ]

 下條村の細野原高原農場(竹村宗次組合長)がクリ観光のシーズンを迎えている。同農場は標高約780メートルの高台にあり、見晴らしが良く南アルプスを一望できる。シーズンは10月中旬ごろまで。

 同農場は、山田河内の住民ら有志で運営するクリの観光農園。遊休農地の活用策として、3ヘクタールの土地にクリの木約700本を栽培。2007年に開園し、中京方面からのバスツアーや一般個人客向けのクリ拾い観光などを続けてきた。

 開園当初は、観光客の数にクリが足らなくなることもあったが、木が成熟するにつれ年々収量が増加。観光だけでなく近隣の道の駅や加工所などでも販売するようになっている。

 ことしのオープンは22日。24日までに350人ほどが訪れている。干ばつの影響が少し見られるが「でき自体は昨年並み。量がたくさんあって訪れたお客さんが皆喜んでくれる」と竹村組合長。

 一般個人向けの入園料は1人1000円。1・5キロから2キロほど入る袋いっぱいに持ち帰れる。それ以上必要な人には販売も行っている。予約が必要。申し込みは竹村組合長(電話090・2257・2179)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52