下條産リンゴ使ってます

南信州経済

[ 2020年 5月 29日 金曜日 15時46分 ]

 JAみなみ信州青年部果樹班の有志6人が一昨年から製造、販売するシードル「THE COZY(ザ・コージー)」は、飯田市の座光寺、上郷地区と下條村産のリンゴを使用している。27日、同村でリンゴを栽培する有志の一人、古田孟さん(29)がJA関係者とともに村役場を訪れ、同シードルを金田憲治村長らにPRした。

 原材料となるサンふじ、シナノゴールド、紅玉、シナノスイート、千秋、王林、隠し味で使う洋梨のラ・フランスの全てを、6人のメンバーが栽培。昨年は販売から約4カ月で在庫が無くなるなど、人気を得ている。

 古田さんがシナノスイートとふじの2種類で全体の約4分の1の量を提供しているものの、これまで下條村内では販売されていなかった。今年は初めて村内の「ショッピングひさわ」で販売しており、「村産のリンゴを使用したシードルがあることを、広く村民の皆さんにも知ってもらいたい」と魅力を伝えた。

 同村内では、JA青年部果樹班に所属するリンゴ生産者は古田さん一人。JA下條支所の木下雅夫営農課長は「下條村はナシの産地として確立されているが、気候的にリンゴやモモ、ブドウの栽培にも適している」と話し、シードルプロジェクトの認知度を高めることが、リンゴ農家増加のきっけかになると期待する。

 また、NPO法人「元気だ下條」との連携により、高齢化などで管理ができなくなったほ場を活用する若手生産者育成事業なども検討している。

 金田村長は「若い人の挑戦は大歓迎。活動を促進するためにも、収入面を含め魅力のある仕事ということを示していく必要がある。村としてもできる支援を考えていきたい」と話した。

◎写真説明:シードルを手にする古田さんと金田村長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞