中国瀋陽市一行が牧野市長らと懇談

南信州経済

[ 2011年 11月 29日 火曜日 16時05分 ]

 6月に飯田国際交流推進協会、9月に飯伊の経済視察団が相次いで訪問した中国瀋陽市から27日、同市人民政府の田家(でんじゃ)副秘書長を団長とする訪日団の一行6人が来飯。同日、飯伊地域地場産業振興センターで開かれた同推進協会主催「第22回飯田国際交流の夕べ」に参加するとともに、牧野光朗飯田市長や産業界の代表らと懇談し、経済を中心とした結びつきを強めていくことで一致した。

 同推進協会の会長で経済視察団の団長を務めた南信州経済同友会の横田盛廣会長は「アジアに開かれた小さな世界都市を目指そうと2回にわたり瀋陽市を訪問した。交流に理解と思いやりのある地域で我々が予想した以上の歓迎を受けた。その際、国際交流の夕べに来賓として招待したところ、さっそく快く応じてくれた」と説明。

 「瀋陽市は人口810万人。大きな世界都市を目指しているが、小さな世界都市も世界都市を目指していることに変わりない。大事なことは、人と人とのつながりであることを確認した。瀋陽市は自動車や飛行機、農産物などの生産が盛んで、特に飯田から持っていった日本酒を大変喜んでくれた。心の通えるものを感じたので付き合ってもいいと思った。団長の田家さんは市長の代理として敬意を払って訪問してくれた。これで我々も行きやすくなった。牧野市長もぜひ表敬訪問してほしい。地場産業センターを中心に『飯田瀋陽クラブ』をつくり、それを基にして交流していきたい」と語った。

 牧野市長との懇談で、田家団長は「温かい歓迎を受け、友好と熱意を身をもって感じている。飯田市の美しい自然環境、調和した社会を印象づけられた。今回、私は陳海波市長の代理として、飯田市を訪問させていただくことで、瀋陽市の誠意をお伝えし、両市が発展することを願う。牧野市長の来訪を要請したい」とあいさつ。

 牧野市長は「当地域は地場産業センターが中心となって、環境産業クラスターと航空宇宙産業クラスターを柱に取り組んでいる。国からは環境モデル都市に選定され、街路灯のLED化などで実績がある。リニア中央新幹線が開通すると飯田に中間駅ができ、もっと世界に近くなる。これから世界に開かれた都市になる」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞