主力ふじの出荷始まる 台風被害で収量2割減

南信州経済

[ 2011年 11月 4日 金曜日 16時53分 ]

 飯田市上郷のJAみなみ信州いいだ果実選果場で2日、リンゴの晩生種「サンふじ」の出荷が始まった。モモから始まった出荷リレーは、最終走者となる主力のふじにバトン。台風15号の被害で収量が平年を2割下回る見通しだが、着色は良好で味も保証できるという。

 つがるから始まった南信州産リンゴの出荷もいよいよ最終盤。サンふじは、甘みと酸味が調和し、貯蔵性に優れていることから贈答品などとして人気を集めている。

 初日のこの日は、いいだ、北部(松川町)の2大拠点で出荷がスタート。いいだ選果場には飯田市内7件の生産者が無袋でしっかり太陽光を浴びせて蜜を増やした「サンつがる」約700キロを持ち込んだ。

 作業は選果員80人が分担で行い、一つひとつを手にとってベルトコンベアに乗せ、機械が外観、内質を分析して等級別に振り分けた。

 寺沢雅治場長によると、天候不順で小玉傾向も見られるが、質は上々。出荷は20日ごろピークを迎え、12月中旬まで続くという。

 同JAは、管内とする飯田下伊那地域全体で800トンの出荷を見込む。地元のほか、東京、名古屋、大阪の市場に送る計画だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞