伊勢神トンネルの杭打ち式

南信州経済

[ 2013年 2月 18日 月曜日 9時11分 ]

 本年度から事業化された国道153号伊勢神(いせがみ)トンネル(愛知県豊田市)改良の中心杭打ち式と意見交換会が16日、豊田市足助町で開かれ、関係者らが新トンネルの早期完成を願ってセレモニーに臨んだ。

 1958(昭和35)年供用の現伊勢神トンネルは、幅員が5・8メートルと狭いために大型車同士のすれ違いが困難で大事故が起きやすいことなどから、「交通のネック」として長野・愛知両県で長く問題視され、阿智村と平谷村、根羽村でつくる下伊那西部地区国道153号改良促進期成同盟会(会長・大久保憲一根羽村長)も改良を要望してきた。

 工事区間は延長2・4キロ。新トンネルは幅員を7・5メートルとし、歩道も整備する。断面不足の解消に加え、急勾配・急カーブの解消、第1次緊急輸送路としての信頼性向上、異常気象時の災害危険性の低減が期待されている。

 完成はおおむね10年後とみられ、今後は用地買収、詳細設計、地元説明、工事に取り組む。

 中心杭打ち式で太田稔彦豊田市長は「沿線地域との交流、住民生活の向上につながる工事であり、大いに期待している」、大村秀章愛知県知事は「物流と交流の道としての役割に加え、恵那山トンネルの迂回路でもある国道153号は地域の屋台骨であり、抜本的な対策が必要だった伊勢神の改良は大変喜ばしい。完成後の人、モノの流れが活性化する」とあいさつした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞