伝統の柚餅子継承へ

南信州経済

[ 2020年 12月 1日 火曜日 15時21分 ]

 天龍村の元地域おこし協力隊らでつくるNPO法人「ツメモガキ」は今年、坂部地区で伝統の保存食「柚餅子(ゆべし)」の製造、販売に取り組んでいる。2018年3月に解散した村柚餅子生産者組合で長年にわたり組合長を務めた関京子さん(85)から指導を受け、伝統の味を継承する。

 同組合は、当時村区から消えかけていた伝統食を後世に残したいと1975(昭和50)年に発足した。最盛期には10人余りの組合員で年1万個を生産したが、過疎化、高齢化の影響で徐々に組合員が減少。生産体制の維持ができなくなり、18年に解散した。

 組合解散前から関さんの柚餅子づくりに携わってきた同法人のメンバーは、「冬祭りと柚餅子があるからこそ坂部地区が維持されている。この二つが無くなれば、地域も無くなってしまう」との思いに触れ、継承を決意。村澤葉花さん(26)は「関さんの熱い思いに、少しでも応えることができれば」と意気込む。

 関さんは「組合を解散してからも『柚餅子が忘れられない』と求めていただいたが、応えられないことが悲しかった。若い人たちが作ってくれることが本当にうれしい。この時期に柚餅子を作ることのできる幸せをかみしめている」と笑顔を見せた。

 今年は約200個の生産を予定。果肉をくり抜いたユズの皮を器に、特性の練りみそやクルミを詰め込んで蒸し、3~4カ月ほどのもみ作業を重ねながら日陰干しする。熟成が終わる来春を待ち、同法人のオンラインなどで販売を計画する。

◎写真説明:関さん(右)と柚餅子をつくるメンバーら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞