南信州間伐材活用フェア 18団体一堂に

南信州経済

[ 2016年 3月 15日 火曜日 15時47分 ]

 南信州初の地域材活用に関する一大イベント「南信州間伐材活用フェア(森に寄り添う暮らしのフェア)」が13日、飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターであった。

 飯田下伊那の建築材利用、エネルギー利用、木工製品利用、市民活動・木育の各分野で活動する18団体が実行委員会(実行委員長・中島武津雄NPO法人いいだ自然エネルギーネット山法師理事長)を組織し、昨年秋から準備を進めてきた。

 建築材利用ブースでは、地域材の展示や住宅相談、県産材PR、エネルギー利用ブースでは、間伐搬出機材やエネルギー利用機器、木工製品利用ブースでは家具や器などの木工製品などのコーナー、木のおもちゃ広場などを設置。屋外では、チェーンソー製材機による丸太の板ひき、まきストーブによる足湯、チェーンソー丸太切りなどが行われた。軽食、喫茶コーナーも登場した。

 「森の恵みを暮らしに活かす」をテーマに講演した日本全国スギダラケ倶楽部代表の若杉浩一さんは「売り上げを上げるためだけのデザインでものをつくっていても豊かにならない。経済だけでいいのか、企業と仕事って何だ、デザインってそんなものか、ちっとも満たされない。そのようなものづくりはおかしいと思って仕方なかった」と設立の動機を説明。

 「日本中にスギのプロダクツを増やしていこう」と、矢作川支流支部をはじめ全国19支部で取り組んでいる運動を紹介しながら「子どもたちを巻き込むとお母さんたちが真剣になる」「子どもが楽しむ無印良品によって社会が変わり、経済が変わる」「儲かればいいというのは幸せな感じがしない。簡単で安いことでなく、喜びと感謝と誇りが新しい価値を創造する」と語った。

 森林作家で森林文化協会理事の浜田久美子さん、根羽村森林組合参事でスギダラ矢作川流域支部長の今村豊さんとの鼎談も行った。

 中島実行委員長は「信州の木活用モデル支援事業を受けてやっている。行政もメーカー、クラフト団体も関わるイベントは今回初めて。今まで業界ごとのイベントはあったが、川上から川下まで全部ひっくるめての開催は初めて。木材の利活用のスタートになれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26