咲き誇るバラの花 スイートガーデン

南信州経済

[ 2017年 6月 9日 金曜日 15時40分 ]

スイートガーデンのバラ園

 飯田市山本の「南信州四季の丘 スイートガーデン」で、135種1200本のバラが見頃を迎え、訪れた人々を楽しませている。

 中央道飯田山本ICができた山本地区に新たな名所をつくり活性化を図ろう―と、地元造園業者が2011年に地域貢献の一貫として施工。南アルプスが一望できる標高700メートルの約1万2000平方メートルに、バラを中心とした1000種類、3万5000株の花を植えた。

 今月1日から始まったローズフェスタでは園内に赤やピンク、白など色とりどりのバラが咲き誇り、地元や中京圏からの花見客でにぎわっている。

 同所によると、今年は気温が低い日が続き、開花は10日から2週間ほど遅れたが、9日現在でほぼ全体が見頃を迎えた。アーチなど一部遅れているものもあるが、来週中にかけて全体が満開になる。

 飯田市育良町から訪れた来場者の一人(80)は「初めて来たけれど、地元にこんなにいいところがあるなんて知らなかった。バラの香りも良くて素敵」と話していた。

 ローズフェスタは25日まで。開園時間は午前10時から午後4時。入園料は大人500円。小中学生250円。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号