品質上々、盆飾り用ホオズキの出荷始まる

南信州経済

[ 2013年 8月 2日 金曜日 16時01分 ]

 盆の花飾りにするホオズキの出荷が飯田下伊那地域で始まった。春先の低温で生育の遅れが心配されたものの、夏場の気温上昇で回復。色付きや実の付き具合が上々で、生産者は「良いものができた」と胸を張っていた。中京圏を主に盆前まで出荷する。

 喬木村の遠山道雄さん方のほ場でも、収穫作業がスタートした。

 6アールの畑に立ち並んだ幹からはオレンジ色に輝く直径6センチほどのホオズキが垂れ、出荷適期となった。

 遠山さんは色付きなどを確認し、根元から一本一本を丁寧に裁断。束にしてそろえた。

 春先の低温で発育不足が生じていたが、6月中旬以降の気温上昇で生育は順調に。遠山さんは「着手5年目だが、ようやく良いものができた。あきらめないで良かった」と語った。

 JAみなみ信州によると、飯伊では同村や飯田市、根羽村などの75軒が栽培し、盆需要をターゲットに中京や関東、関西に出荷している。

 飯伊産は質が高く、市場からも人気。同JAは1億円規模の産地化を目指し、苗木導入支援などを通じて生産振興を図っている。

 今季は前年度並みの枝15万本、実27万個を生産する計画だ。

 中京圏などでは盆にホオズキを盆ちょうちんに見立てて飾る風習があり、需要が生じる。盆前までに出荷することが重要で、生産者たちは7日までの短期集中で作業に当たる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞