商工会館バス運行再開、起終点に~2年6カ月ぶりの姿に笑顔~

南信州経済

[ 2014年 4月 2日 水曜日 15時54分 ]

 飯田市大通の信南交通を含む、中央高速バス「飯田―新宿線」共同運行会社4社と中央道高速バス「飯田―名古屋線」共同運行会社2社、みすずハイウェイバス「飯田―長野線」共同運行会社3社は1日、飯田市常盤町の飯田商工会館に設置されたバス停「飯田」を起終点とする高速バスの運行を開始した。

 同日朝、バス停前で開かれたオープニングセレモニーには、地域住民ら約100人が足を運んだ。飯田商工会館の改築工事に伴い、2011年9月末をもって運行ルートから外れていた同バス停。住民らは、2年6カ月ぶりに姿を見せたバスを眺め、「戻ってきてくれてうれしい」と笑顔を見せていた。

 セレモニーで柴田忠昭飯田商工会議所会頭は、「やはり商工会館にはバスがよく似合う。このバス停をしっかりと利用していただくとともに、全国から飯田に訪れる人を迎える玄関口として地域が発展することを期待したい」とあいさつ。また、信南交通の小澤英文専務は「地元の皆さんから強い要望をいただき、新宿、名古屋、長野行きの高速バス3路線発着点として、運行を再開することができた。安全、安心な運行に努めるとともに、地域の発展に寄与していきたい」と力を込めた。

 地元常盤町の吉野満自治会長は「地区内をバスが走らなくなりさびしく思っていたが、戻ってきてくれたことがうれしい。関係者の皆さんの尽力に感謝したい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞