喬木村でイチゴ狩り始まる

南信州経済

[ 2020年 1月 8日 水曜日 16時35分 ]

 県内有数のイチゴ産地として知られる喬木村のイチゴ狩りが、11日にスタートする。村内22棟のビニールハウス内には、大粒で糖度が高い「章姫(あきひめ)」をはじめとするイチゴが赤く色づき、観光客を待ちわびている。

 同村のイチゴ狩りは、県内の先駆けとして1987(昭和62)年にスタート。ピーク時は、約6万3000人が訪れるまでになった。

 県内各地にノウハウを伝えて類似の観光農園ができたため、一時は2万人台まで激減したが、味や品質の良さからリピーターが増えて回復。昨年の来場者は5万2000人を超えた。

 今年は、13農家1法人の14軒が参加。高設栽培を導入して作業の負担を軽減し、新規就農や規模拡大する農家もあるという。

 広報部長の松澤美保子さんは「今年も日照が良く、順調に育ってきた。早い時期のおいしいイチゴを味わってほしい」と呼び掛けている。

 ▽時間制限なし▽ハウス内全面開放▽練乳おかわり自由―の3つが特長。どのハウスにも「章姫」があるほか、「紅ほっぺ」「ゆめのか」「かおりの」など他品種との食べ比べができる。

 初日は午前8時50分から開園式を開催。先着5組にイチゴをプレゼントするほか、豚汁サービスや抽選会などの催しがある。

 予約制。料金は小学生以上1700円(3歳から未就学児は1300円)。4月6日~5月6日は1500円(同1000円)、5月7~16日は1200円(同800円)。

 問い合わせは、たかぎ農村交流研修センター(電話0265・33・3999)へ。予約は同センターHPまたは専用番号(電話0265・48・0602)へ。

◎写真説明:イチゴが実る喬木村内のハウス

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞