喬木村のマツタケ観光園が営業開始

南信州経済

[ 2016年 10月 4日 火曜日 15時00分 ]

003喬木

 喬木村大島のマツタケ観光園「大島山の家」(内山重金代表)は3日、今シーズンの営業を始めた。初日から地元や県外から訪れた人たちが、マツタケ入りのすき焼きや松茸ご飯に舌鼓を打った。

 大島山の家は、農家5戸でつくる大島松茸観光組合が1989年から運営。ことしはこれまでのところ、夏場の高温が収量に影響を与えているが、「小さなマツタケは山に多く生えている。気温が下がる今後は期待できそう」と話している。

 提供する料理は、大島産のマツタケと地元の食材をふんだんに使ったすき焼きと炊き込みご飯、お吸い物、焼き松茸など。

 大島周辺のアカマツ林は花こう岩で覆われているため、同集落で採れるマツタケは香りが強いのが特徴。標高500~1000メートルを吹き抜ける冷涼な風は歯ごたえの良さにつながっているという。

 営業は10月下旬ごろまで。コースは松(1万円)、竹(6000円)、梅(5000円)の3種類。完全予約制で、問い合わせは大島山の家(電話0265・33・3395)、たかぎ農村交流研修センター(電話0265・33・3999)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

多世代が味わえるものに

2月29日土曜日14:28

「飯田城の紅梅」ほころぶ

2月29日土曜日14:12

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞