喬木村大島でマツタケ観光始まる

南信州経済

[ 2013年 10月 3日 木曜日 9時03分 ]

喬木マツタケ観光 喬木村大島のマツタケ観光園「大島山の家」は2日、今シーズンの営業を始めた。昨年は2009年以来の不作の年になり、営業できたのは7日間だけ。ことしは順調に推移し「豊作にも期待できる」といい、来園を呼び掛けている。

 

 大島山の家は、農家6戸でつくる大島松茸観光組合が運営する。23年目のことしは、地温が下がり始めたところに台風18号が重なり、先月下旬から採れ始めた。同組合によると、朝晩の冷え込みもあって、これまでのところ平年作となっている。

 

 提供する料理は、地元の食材をふんだんに使った定番の「マツタケのすき焼き」や「炊き込みご飯」「吸い物」「焼きマツタケ」など。組合長の内山重金さんは「味、香りとも最高のマツタケを堪能してみては」と歓迎する。

 

 大島周辺のアカマツ林は花こう岩で覆われ、全国的にも香りの強いマツタケが採れるとされる。標高500―1000メートルの冷涼な風が吹き抜ける谷間とあって、内山組合長は「香りの良さに加え、歯ごたえがある」。

 

 営業は今月下旬までの約1カ月間。コースは松(1万円)竹(5500円)梅(4500円)の3種類。完全予約制で問い合わせは、大島山の家(電話0265・33・3395)、たかぎ農村交流研修センター(電話0265・33・3999)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号