喬木村大島でマツタケ観光始まる

南信州経済

[ 2013年 10月 3日 木曜日 9時03分 ]

 喬木村大島のマツタケ観光園「大島山の家」は2日、今シーズンの営業を始めた。昨年は2009年以来の不作の年になり、営業できたのは7日間だけ。ことしは順調に推移し「豊作にも期待できる」といい、来園を呼び掛けている。

 大島山の家は、農家6戸でつくる大島松茸観光組合が運営する。23年目のことしは、地温が下がり始めたところに台風18号が重なり、先月下旬から採れ始めた。同組合によると、朝晩の冷え込みもあって、これまでのところ平年作となっている。

 提供する料理は、地元の食材をふんだんに使った定番の「マツタケのすき焼き」や「炊き込みご飯」「吸い物」「焼きマツタケ」など。組合長の内山重金さんは「味、香りとも最高のマツタケを堪能してみては」と歓迎する。

 大島周辺のアカマツ林は花こう岩で覆われ、全国的にも香りの強いマツタケが採れるとされる。標高500―1000メートルの冷涼な風が吹き抜ける谷間とあって、内山組合長は「香りの良さに加え、歯ごたえがある」。

 営業は今月下旬までの約1カ月間。コースは松(1万円)竹(5500円)梅(4500円)の3種類。完全予約制で問い合わせは、大島山の家(電話0265・33・3395)、たかぎ農村交流研修センター(電話0265・33・3999)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52