四季ごとの魅力詰まる 高森町制60年祝い記念切手

南信州経済

[ 2017年 11月 22日 水曜日 16時04分 ]

町制60周年の記念シート

 日本郵便信越支社(長野市)は、高森町の町制施行60周年を記念したオリジナルフレームの切手を作った。

 60周年記念事業で町が募集したフォトコンテストの応募作品などを使った。82円切手10枚組で、県自然百選の1つで落差約50メートルの不動滝、町特産の干し柿「市田柿」の柿すだれ、市田灯籠流し、伝統の獅子舞など季節ごとの魅力が詰まっている。町イメージキャラクター「柿丸くん」のイラストもあしらった。

 1000シート限定で、1シート1300円。飯田下伊那の54郵便局で扱っている。

 18、19日に町役場などで開かれた「第37回ふるさと祭り~高森まるごと収穫祭~」の会場でも販売した。販売に当たった市田郵便局の鎌倉昌万局長(60)は「切手を使ってもらうことで町の良さを広くPRできたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞