四季ごとの魅力詰まる 高森町制60年祝い記念切手

南信州経済

[ 2017年 11月 22日 水曜日 16時04分 ]

町制60周年の記念シート

 日本郵便信越支社(長野市)は、高森町の町制施行60周年を記念したオリジナルフレームの切手を作った。

 60周年記念事業で町が募集したフォトコンテストの応募作品などを使った。82円切手10枚組で、県自然百選の1つで落差約50メートルの不動滝、町特産の干し柿「市田柿」の柿すだれ、市田灯籠流し、伝統の獅子舞など季節ごとの魅力が詰まっている。町イメージキャラクター「柿丸くん」のイラストもあしらった。

 1000シート限定で、1シート1300円。飯田下伊那の54郵便局で扱っている。

 18、19日に町役場などで開かれた「第37回ふるさと祭り~高森まるごと収穫祭~」の会場でも販売した。販売に当たった市田郵便局の鎌倉昌万局長(60)は「切手を使ってもらうことで町の良さを広くPRできたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号