土用の丑の日に飯伊のうなぎ店にぎわう

南信州経済

[ 2017年 7月 25日 火曜日 15時18分 ]

003doyo

 「土用の丑の日」の25日、飯田下伊那各地のうなぎ店などでは、「栄養価の高いうなぎを食べて夏バテを防ぎ、暑い夏を乗り切ろう」と、多くの人が足を運びにぎわいを見せた。

 飯田市知久町の老舗、丸井亭料理店(小木曽秀和社長)では、午前10時半ごろから、炭火で焼きを開始した。

 小木曽社長(41)が「先週末や今週末に分散する傾向はあるものの、やはりこの日に食べたいという人が多く、普段とは比べ物にならない数の予約が入っている」という中、同店で約40年うなぎを焼き続ける大澤孝則さん(60)が、長年の経験で培った“職人の技”で、手際よく焼き上げていった。

 大澤さんは「火加減、焼き加減が大切。全体に均一に火が通るよう、特に気を配っている」という。

 小木曽社長は「身が柔らかく、皮が薄い、質の良いうなぎが入っている。焼きの技術に、長年継ぎ足し使っている伝統のタレが相まって、満足いただける味に仕上がっている」と胸を張り、「まだまだ暑い夏が続くので、おいしいうなぎを食べ、スタミナをつけてもらえたら」と話している。

 うなぎにはビタミンA・B群などが豊富に含まれるなど栄養価が高く、夏バテや食欲減退を防止する効果が期待できるとして、日本では古くから暑い時期に食べる習慣がある。土用の丑の日に食べる習慣の由来は諸説あるが、江戸時代の博物学者で、発明家としても知られる平賀源内が発案したという説がよく知られている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01