地元シードル「より大勢に」

南信州経済

[ 2020年 5月 20日 水曜日 15時15分 ]

 飯田市鼎中平の伊那谷クラウド合同会社(五十君(いぎみ)親彦代表)は、市内の農家が育てたふじを100%使用したシードル「Poshりんごの雫」の「Semisweet(セミスイート)」をこのほど発売した。6年前から販売しているシードルの第2弾で、ほのかな甘みとすっきりとした味わいが特徴という。五十君代表は「2種を飲み比べて違いを楽しんでほしい」と話した。

 同社は酒製造者や消費者とより密に接点を持ち、酒を広く地元の人に知ってもらおうと2015年に設立。市内の酒販店事業主5人が所属する。

 「セミスイート」は、利用層の広がりを期待して開発。サイダーのようなさわやかな口当たりが特徴で軽い味付けの鶏や豚肉、シーフード料理などにおすすめという。

 一方でほのかな酸味や深みが味わえる初弾は、赤身の肉など脂分の多い料理との相性が抜群。2種の飲み比べセットも発売中で、五十君代表は「地元産のリンゴを使った酒として多くの人に親しんでもらえれば」と話した。

 「Poshりんごのp雫Semisweet」は275ミリリットルと720ミリリットルを300本ずつ製造。市内の酒販店5店舗で販売している。販売店舗は次の通り。

 高岡亭(同市座光寺)、丸徳小林商店(同市砂払町)、松屋ごとう酒店(同市箕瀬町)、丸木屋商店(同市白山町)、モンマートいぎみ(同市鼎)。

◎写真説明:商品をPRするモンマートいぎみのスタッフ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞