多摩川精機が新型ACサーボモータ開発

南信州経済

[ 2014年 7月 17日 木曜日 9時56分 ]

 飯田市大休の多摩川精機(関重夫社長)は15日、高分解能23bitエンコーダを標準搭載し、業界トップクラスの小型化を実現したACサーボモータ「TBL―iⅣSeries(ティービーエルアイフォーシリーズ)」と、使いやすさを追求したACサーボドライバ「TAD8811Series(ティーエーディー8811シリーズ)」を開発したと発表した。

 高分解能23bitエンコーダの標準搭載により、位置決め精度が大幅に向上。また、小型タイプは低速度域での安定運転を可能としたコンパクトな中慣性モータとしており、産業用ロボットや搬送装置などの用途で性能を発揮する。

 「TBL―iⅣSeries」対応の新型ACサーボドライバ「TAD8811Series」は、従来の「TBL―iⅡSeries」にも対応し、最新のサーボシステムをより便利に構築することが可能という。

 TBL―iⅣSeriesは秋ごろからサンプル出荷を開始。TAD8811Seriesは8月ごろから順次出荷を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞