多摩川精機で「ぎんれい」公開

南信州経済

[ 2013年 10月 18日 金曜日 9時18分 ]

 信州大学の中島厚特任教授や大学院生らでつくるプロジェクトチームが手掛け、2013年度内の打ち上げが予定されている、信州製超小型人工衛星「ぎんれい」が17日、飯田市大休の多摩川精機(萩本範文社長)で社員らに公開された。

 ぎんれいは、1辺約40センチの立方体で重さは約35キロ。衛星の観測で得られる膨大なデータをすばやく地上に伝送するため、新たな通信方式として着目した「LEDによる可視光通信」の実験を行い、その可能性を探る。地上―衛生間双方向可視光通信はまだ実証されていない技術だという。

 部品のほとんどを県内企業から供給を受け、プロジェクトチームが9月末までに組み立てを完成させた。同社は、姿勢制御系のセンサやアクチュエータおよび関連ソフトを供給。中島教授は「衛星の中で一番重要な部分」と話す。

 企業でぎんれいが公開されるのは同社のみ。部品の供給を行ったほか、同大学大学院に2008年度から12年度までの5年間、同社の寄付講座が設置され中島教授が携わったことが、同プロジェクトが発足する一つのきっかけになったことなどから、公開が実現した。

 「貴重な機会を生かし、その姿を目に焼き付けよう」という社員らで、ぎんれいの前には終始多くの人だかり。中島教授から「多摩川精機の技術が無ければ完成していない」などと説明を受けると、自社の技術力をかみしめるように見つめていた。中島教授は「社員の皆さんが感激し、生き生きとした表情を見せてくれた。こうした機会を設けることができ良かった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞