大鹿村が名古屋市で観光PR

南信州経済

[ 2016年 8月 23日 火曜日 15時11分 ]

大鹿物産展k

 大鹿村地域ブランド推進協議会は19日、名古屋市金山駅のイベント広場で観光PRを展開した。村のゆるキャラも駆け付け、会場はにぎわいを見せた。

 大鹿村に足を運んでもらおうと3年目の取り組み。推進協のメンバーら12人が参加し、10月16日に開催される「大鹿歌舞伎」(国選択無形民俗文化財)秋の定期公演を紹介した。村イメージキャラクターの「大鹿景清」と「大鹿鹿丸」が登場して会場の雰囲気を盛り上げた。

 また村の農産物や30種類の加工品を販売したところ、どれも好評だった。中でも特産のブルーベリーが人気で、3時間ほどで完売となった。

 新たな試みとして村の特産品が当たるアンケート調査を行い、150人がアンケートに答えた。村担当課は「毎回楽しみに訪れる人もいる。大鹿の魅力を広く知ってもらい、観光で訪れたり定住のきっかけになれば」と話していた。

 9月24日も同所でPRする予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞