大鹿村の東村さんがえとの手拭い創作

南信州経済

[ 2017年 12月 25日 月曜日 15時08分 ]

001tenugui

 大鹿村大河原で手作り小物の店「布工房 大鹿さくら組」を営む東村邦子さん(68)が、来年のえと「戌(いぬ)」にちなんだ新作手拭いを発表した。

 赤や黒など3色を配した手拭いは長さ1メートル、幅36センチ。中央にはいぬ年にちなんだ「ONE(ワン)」の文字や、数字の1と骨を絡めてイメージしたというイラストをあしらった。

 えとを題材とした創作手拭いは10年目。年男、年女への贈り物や正月飾りなどとして毎回好評だ。東村さんは「歌舞伎の要素を加えるなど遊び心も取り入れた。手に取った人に楽しんでもらえたら」と話していた。

 飯田市座光寺の「玄パン工房バオバブ」で開催する個展で披露している。販売もしており、1枚1200円(税込み)。初回は50枚作り、好評を受けて150枚追加した。干支手拭い展は来年1月10日まで。午前10時から午後4時。木曜定休。問い合わせはバオバブ(電話0265・53・7900)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞