大鹿村の東村さんがえとの手拭い創作

南信州経済

[ 2017年 12月 25日 月曜日 15時08分 ]

001tenugui

 大鹿村大河原で手作り小物の店「布工房 大鹿さくら組」を営む東村邦子さん(68)が、来年のえと「戌(いぬ)」にちなんだ新作手拭いを発表した。

 赤や黒など3色を配した手拭いは長さ1メートル、幅36センチ。中央にはいぬ年にちなんだ「ONE(ワン)」の文字や、数字の1と骨を絡めてイメージしたというイラストをあしらった。

 えとを題材とした創作手拭いは10年目。年男、年女への贈り物や正月飾りなどとして毎回好評だ。東村さんは「歌舞伎の要素を加えるなど遊び心も取り入れた。手に取った人に楽しんでもらえたら」と話していた。

 飯田市座光寺の「玄パン工房バオバブ」で開催する個展で披露している。販売もしており、1枚1200円(税込み)。初回は50枚作り、好評を受けて150枚追加した。干支手拭い展は来年1月10日まで。午前10時から午後4時。木曜定休。問い合わせはバオバブ(電話0265・53・7900)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞