大鹿村内でブルーベリー発泡酒の限定販売

南信州経済

[ 2012年 3月 6日 火曜日 9時35分 ]

 大鹿村のブルベリー生産と販売などを担う「大鹿里山市場組合」は5日、村産ブルーベリーを原料にした発泡酒「ブルーベリー・ホップ」を南信州ビール(駒ケ根市)と共同で造ったと発表した。6日から、酒を取り扱う村内7店で販売する。

 里山市場組合は昨年7月、販路を広げようと発泡酒の製造を南信州ビールに依頼。昨年取れた約500キロを持ち込み、南信州ビールは、ブルーベリーの果汁と麦芽の比率を変えながら風味や品質を調整して仕上げた。

 白地のラベルは村伝統の大鹿歌舞伎にちなみ、歌舞伎の隈取りをモチーフにした。

 アルコール分は市販のビールに比べやや高めの6・5%。「味はビールとほとんど変わらず、ブルーベリー独特の酸味と香りが後から追ってくる」と同社。色は鮮やかなピンクで、女性にも楽しんでもらえそうと期待する。同社によると、ブルーベリー発泡酒は全国的に珍しい。

 開発費は約190万円で、中央果実生産出荷安定基金協会の補助金を活用した。

 今後はブルーベリー発泡酒の製造に大鹿の水を使う計画もある。同組合の宮崎郁人副組合長は「この発泡酒を通してブルーベリーだけでなく、大鹿村に魅力を感じてもらえればうれしい」と話した。

 330ミリリットルの瓶入りで、1本500円(税込み)。問い合わせは、大鹿里山市場組合(電話0265・39・2343)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞