天ぷら金万、50年ぶりにささみ天丼復活

南信州経済

[ 2017年 3月 28日 火曜日 15時20分 ]

復活したささみの天丼弁当

 1867(慶応3)年創業の老舗、「天ぷら金万」(田巻茂代表)=飯田市主税町=は、創業から150年の節目の年を記念し、約50年前まで同店で提供していた、鶏のささみを使った天丼を復活させた。総合食肉卸の吉清(飯田市松尾上溝)とのコラボレーションにより新鮮な鶏肉を使用し、タレが染み込みやすいよう切り方を工夫することで、しっとりとした食感に仕上げた。

 2月から常連らに店内で提供を始めたところ好評。4月1日から、野菜の天ぷらと合わせたお弁当として、一般販売を開始する。価格は800円(税込)で一日限定20食。

 創業当時はとり料理屋だった同店。約100年前に4代目当主の欣一さんが屋号を「金万」にあらため、天ぷら店として新たなスタートを切った。ささみの天ぷらはとり料理屋時代から提供され、金万になってからも天丼として親しまれてきたが、交通網の発達により新鮮な海の幸が身近になるなど、時代の変化、食文化の変化に伴い、50年ほど前にメニューから消えてしまったという。

 茂さん(46)は、創業から150年の節目の年が酉年で、もとはとり料理屋と、かつて長い間地域に親しまれてきたささみの天丼を復活させるには、「とり」に縁が重なった今年しかないと決意。吉清の清水洋介専務(37)との出会いも後押しとなり、50年ぶりの復活が叶った。

 「ご年配の方の中には、過去に食べた記憶がある方もいると思う。ぜひ当時のことを思い出しながら楽しんでいただきたい。若い皆さんには、飯田でささみの天丼が提供されていたこと、今、再び食べられることを知ってもらい、味わっていただけたらうれしい」と期待を寄せる。

 また、吉清の清水専務は「祖父の代では金万さんとの取引があったと聞いている。記念の年に再び一緒に仕事ができうれしく思う。天丼では、ささみの新しいおいしさ、楽しみ方を引き出してもらっている。今後も新鮮で良質な肉の提供を続けていきたい」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24