天竜舟下りがこたつ舟の運航を開始

南信州経済

[ 2009年 12月 1日 火曜日 9時30分 ]

 飯田市松尾新井の「天竜舟下り」(牧野明仁社長)は30日、今季の「暖房こたつ舟」の運航を始めた。豪快な水しぶきが醍醐味の舟下りだが、来年2月末までは暖かなこたつ舟で、比較的のんびりゆっくりと冬景色を楽しめる。

 20年以上続く冬季の風物詩。こたつ舟は「寒さや風を防ぎつつ、天竜川沿いの景色がよく眺められるように」と、透明なアクリル様の板で囲い、舟内に豆炭あんかが入ったこたつを設けた。

 今季の暖房こたつ舟の運航開始を告げる初便は午前10時に出発。岐阜や山梨、埼玉などからの団体客約40人が2艘に分かれ、こたつで暖を取りながら、弁天―時又港間の約6キロを35分ほどかけて下った。

 観光客たちは道中、「鵞流峡」をはじめとする絶景、トンビやカルガモなどの歓迎を満喫。時折り、窓に打ちつける水しぶきや舟底を突き上げる川波もあり「のんびりの中に迫力もあるぞ」などの歓声を上げていた。

 埼玉県桶川市から地元の旅行会の仲間約20人で訪れ、幹事を務めた山中政雄さん(60)は「こたつ舟は最高」とにっこり。母親が飯田市駄科の出身で、天竜舟下りは45年ぶりといい「夏とはまた違う景色と道中を楽しめた。また来たいね」と満足そうに話していた。

 冬季は連日午前10時から1時間おきに6便を運航。定期舟は午前10時のみで、そのほかは10人以上の予約がある場合に運航し、舟内の空席状況に応じて個人客を受け付ける。同社によると、天竜舟下りには例年、年間で約10万人が訪れており、冬季は1万人ほどが暖房こたつ舟での運航を楽しんでいる。

 同社では、来年1月1日から同2月末まで、暖房こたつ舟をベースにした「新春祝い舟」を初めて運航する予定。舟に熊手をあしらったり、七福神が描かれたこたつの掛け布団や法被を用意したりして、新春のお祝い気分を盛り立てるという。合わせて、新春特別企画も検討している。

 運航状況や乗舟予約などの問い合わせは天竜舟下り株式会社(電話0265―24―3345)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)