天竜舟下りが弁天港で川開き祭

南信州経済

[ 2018年 3月 26日 月曜日 17時58分 ]

弁天港で行った福餅拾い

 飯田市松尾新井の天竜舟下り(杉本忠社長)は25日、川開き祭を弁天港で開いた。地元園児の乗船招待や飯田OIDE長姫高校のテックレンジャーショー、福餅拾い、和太鼓演奏などを行い、多くの地域住民や乗船客を楽しませた。

 川開き祭は毎年この時期に開催。2014年度から、散歩で弁天港に訪れている松尾東保育園の卒園児を招待しており、ことしも園児と保護者ら100人余が舟下りを楽しんだほか、テープカットや風船飛ばしを行った。

 またテックレンジャーが、女性メンバーのみで初めてショーを披露。子どもたちと乗船して川開きを盛り上げた。県PRキャラクターのアルクマも訪れ、乗船客らをもてなした。

 福餅拾いでは、杉本社長と船頭2人が舟4艘を重ねた特設ステージから、景品が当たるくじ付きの福餅をまいた。

 参加した子どもたちは、降ってきた餅を受け止めようと腕をいっぱいに広げたり、拾って家族らと見せ合い「くじがあったよ」「たくさん拾ったね」などと笑顔を浮かべた。

 杉本社長は「春本番を迎え、舟下りシーズンが到来した。ラフティングなど、夏に向けてさまざまな遊びを提供したい。皆さんには、豪快な川下りの魅力を味わっていただけたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞