天龍峡大橋へ期待膨らむ 飯田商議所が三遠南信道の工事視察

南信州経済

[ 2018年 8月 22日 水曜日 15時23分 ]

天龍峡大橋を見学する一行

 飯田商工会議所(柴田忠昭会頭)は21日、リニア三遠南信推進委員会(大田中峰雄委員長)、産業建設部会(北澤資謹部会長)、交通運輸車両部会(小澤英文部会長)合同で三遠南信自動車道の工事現場視察会を開いた。役員ら約20人が参加し、工事の進ちょく状況などを自身の目で確認した。

 国土交通省飯田国道事務所(尾出清所長)の案内で、2019年度開通予定の天龍峡―龍江インター間(延長4・0キロでは、7月末までに架設工事が完了した「天龍峡大橋」の現場を視察。現在は中央分離帯を設ける工事が行われており、今後は路面の舗装や照明の設置工事などを経て完成に至る。橋の完成後に両岸で本線との取り付け工事を行い、開通を迎えるという。

 橋の工事進ちょく率は97%。防護ネットなどで覆われているものの、ほぼ完成した橋を眺めた参加者からは「ここまでできたか!」などと感嘆の声。また、工事関係者が天龍峡大橋最大の特徴である桁下歩道を歩く姿に、橋からの眺めを想像しつつ、新たな観光名所としての可能性などに期待を膨らませていた。

 同会議所は長年にわたり、三遠南信道の早期全線開通に向け、国交省や財務省など関係機関への要望活動を続ける他、開通が地域に与える影響を広報するなど、地域住民らの意識高揚にも寄与している。

 委員会、部会が合同で行う現場視察は昨年初めて実施。要望活動などは参加できる会員が限られることもあり、より多くの議員に地域の将来を支えるインフラ整備について理解を深めてもらおうと企画した。「開通の日が着実に近づいてきていることを体感でき、生かした地域活性化策の具体化につながる」と好評を得て、今年も継続した。

 大田中委員長は「進ちょく状況を目の当たりにし、早期の完成へ一層期待が高まった」、北澤部会長は「地域の各界のリーダーが現状の理解を深めることは、早期開通の後押しとなる」と期待。小澤部会長は「歩道からの眺めなど、天龍峡一帯の活性化に生かさない手はない」などと話した。

 柴田会頭は「夢が実現に近づいていることをひしひしと感じた。非常に楽しみ。インフラ整備をしっかりと地域化活性化につなげられるよう、地域の声にしっかりと耳を傾けながら事業を展開していきたい」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10