天龍村中井侍で一番茶摘み始まる

南信州経済

[ 2016年 5月 3日 火曜日 8時58分 ]

天龍村茶摘み始まる 県最南端の天龍村中井侍地区で1日、一番茶摘みが始まった。ことしは暖かい日が続いて霜害もなく、集まった生産者やその親族らは、すくすくと伸びた茶葉を丁寧に摘み取っていった。

 

 標高約290―400メートル、天竜川に面する急斜面に茶畑が広がる同地区は、霧や日差しをしっかり浴びて育つことから、県内で最も早く茶摘みが始まる産地として知られる。

 

 標高約400メートルの茶畑約10アールで茶を育てる柿下忠雄さん方では、親戚や手伝いを頼んだ地区住民ら13人が参加して午前8時前から作業をスタート。そろいの法被を着て一人一人が腰に籠を結び、先端から3枚の葉を摘み取る「一芯(しん)三葉」の方法で次々と摘み取った。柿下さんは「霜を心配したが順調に育った。例年よりも伸びの具合がいいと思う」と話した。

 

 この日、複数の農家で茶摘みが始まった同地区。収穫した茶葉は近くの工場で製茶し、地域の独自銘柄「中井侍銘茶」として自家販売する。

 

 中井侍地区の茶生産は、1973年に産地化を目指して本格化。多くの農家が在来種からやぶきたに品種を変え、生産振興を図っている。親戚や友人が各地から駆けつけ、助け合うのが慣例で、現在も十数戸が生産している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37

オケ友、10周年迎え「考える会」開く 成果や方向性探る

1月15日月曜日15:31

飯田市下瀬で星火会を開く

1月13日土曜日13:44



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号