天龍農林業公社が新商品「ゆずの種」販売開始

南信州経済

[ 2013年 1月 10日 木曜日 9時21分 ]

 天龍村の天龍農林業公社は、村特産のユズの種を干してパッケージにした新たな商品「ゆずの種」を開発し、販売を始めた。果汁などの製品をつくる際、廃棄していたものを有効活用。保湿効果のある化粧水の原料としての活用などを想定しているという。

 村内で収穫できるユズは、村特産の柚餅子などの原料になっていることでも知られる。同公社が2005年に発売した果肉を搾って瓶詰めする「100%ゆず果汁」も年々人気が高まっており、現在は村内から約8トンのユズを集めて製造している。

ビン1本分、127ミリリットルの果汁を搾り出すには7―8個のユズが必要なため、製造の際に廃棄していた種も多く、これを有効活用しようと研究を進めた。

 着目したのは、ユズの種を2、3日焼酎に漬け、保湿材として手やひじなどに塗っている村内の人たちの姿。

 アルコール度数20度以上の焼酎に漬けると、2、3日で保湿効果があるとされるペクチンが出ることから、公社が所有するビニールハウスでユズの種を1週間かけて乾燥し、袋詰めにした。

 商品名はそのまま「ゆずの種」。1袋100グラム入りとし、300円で販売している。

 同公社の取締役は「多くの方に活用していただき、天龍のユズの種できれいになっていただければ」と話していた。

 平岡駅併設の龍泉閣で販売しているほか、JAみなみ信州が運営するおよりてふぁーむ(飯田市鼎)、りんごの里(同北方)でも販売を開始した。

 今後は同公社ホームページでも注文を受ける予定だという。問い合わせは同公社(電話0260・32・1160)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15