女子短大と洋菓子店共同開発の焼き菓子発売

南信州経済

[ 2017年 3月 7日 火曜日 15時11分 ]

001tandai

 飯田女子短期大学と洋菓子店「パティスリー マサ オオシマ」が共同開発した焼き菓子「みそランタン」が8日、飯田市鼎下山の同店で発売される。ビスケット生地にスライスアーモンドやキャラメルなどを載せて焼き上げる「フロランタン」に、信州みそを使用。6日、同市松尾代田の同短大で記者発表した。

 県・大学地域連携事業の助成を受け、同短大食物栄養専攻2年生の授業「食品開発実習」で、地元産のみそを使ったオリジナルスイーツの製品開発に取り組んだ。同市大通のマルマンが製造する無添加信州みそを使い、学生39人が8グループに分かれて1品ずつ作成。

 みその市場拡大や製品開発などに取り組む任意団体「みそ大学」学長で、同社社長の林隆仁さん(63)のアドバイスを受けながら開発に取り組み、パティスリー マサ オオシマのオーナーシェフ、大島正勝さん(41)が1品を選んで商品化した。

 みそランタンは、ビスケット生地に載せたキャラメル部分に白みそを配合。みそで甘さが引き立ち、アーモンドの香ばしさやビスケット部分のさくさくとした食感が特徴だ。

 大島さんは「初めに試食した時、おいしくてびっくりした。フロランタンは手間が掛かるが、簡単な工程の物よりおいしい。アーモンドの食感や口にした時のみその香りがよく、学生が作ったということで感心した」と語った。

 林さんは「授業では、菓子に適したみその種類を学生に説明した。みその加工品開発に目を向けている中で、学生さんに作ってもらえるということで全面的に協力させてもらった」と振り返った。

 みそランタンの開発グループの森谷麻衣さん(20)は「女性や子ども、高齢者など幅広い世代に楽しんでもらいたいと作った。本当に商品化できると思わず、すごく感動した」と話していた。

 菓子は同店のほか、17日に行われる同短大卒業式でも販売する予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10