実態把握し支援策探る

南信州経済

[ 2020年 12月 12日 土曜日 14時07分 ]

 飯田市新型コロナウイルス緊急経済対策本部会議(本部長・佐藤健市長)の第7回が11日、市役所で開かれた。事業者の実態とニーズを把握。希望退職や人員整理に伴って来年3月までに市内の製造業3社で120人ほどの離職者が見込まれることを踏まえ、今後の支援策についても話し合った。

 本部会議は飯田商工会議所、金融機関、経済団体の代表らで構成する。この日、金融機関の代表は「経済活動に回復する兆しがあるものの消費行動は予断を許さない状況」と指摘。別の金融機関はコロナの影響で撤退を考える飲食店もあるとし、「空き店舗を埋めるような支援策も今から考えたほうがいい」とみた。全国的に第3波の影響が懸念される中、「冷静な判断で飯田の経済を回してほしい」との声も上がった。

 緊急経済対策事業として、市はこれまでに6弾までを打ち出しいる。

 担当課の報告によると、売り上げが5割以上減少した事業者を対象にした家賃補助は、支給が503件で総額は5900万円。内訳は個人事業者が3300万円、法人が2500万円。

 全業種向けの持続化支援給付金は10日までに2640件の申請があり、支給は2592件で計約3億5100万円。新規創業者向けの支払いは28件で総額165万円、宿泊業者向けは49件で総額4300万円となっている。

 コロナ収束までの長期的視点に立った資金を創設し、事業者の秋以降の資金確保を量的にカバーする支援策は、10日現在で申請件数が54件で、融資あっ旋額が16億9700万円。

 業務分散やテレワークなど働き方改革に取り組む企業がサテライトオフィスを開設するための補助は、10日現在で申請1件、相談4件。県外のプロフェッショナル人材を雇用しようとする法人や個人事業主に対して紹介手数料の一部を補助する制度は、10日現在で相談1件にとどまっている。

◎写真説明:緊急経済対策本部会議の第7回

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞