客足遠のき、影響「深刻」

南信州経済

[ 2020年 4月 21日 火曜日 15時28分 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地域連携DMO南信州観光公社(飯田市)は、飯田下伊那地域の観光関連から旅館や温泉施設、道の駅など14の事業所を抽出して聞き取り調査を行った。客足が遠のき、3月以降の売り上げはいずれも減少。公社の高橋充社長は影響を深刻に受け止め、「このままいくとツーリズムは焼け野原になってしまう」と危機感を強めた。

 調査は今月6~10日に実施し、抽出した全事業所から回答があった。

 3月の予約状況について、前年同月と比べると大半が減少と回答。4月は全てが30%以下に落ち込み、ゼロは半数に及んだ。5月の予約状況をみるといずれも20%以下となり、休業を考えているところもある。

 3~5月の売り上げの減少率にはやや差があるものの、6割近くが60%以上減少すると見込んだ。

 今夏の予約状況についても、ほぼ全ての事業所が影響を受けると予想。予約件数の60%以上減を見込む事業者は半数近くとなっている。公社は、収束の状況次第ではさらに減る可能性を指摘した。

 国や県、自治体に向けては、相談窓口の充実や財政支援などを求める声が上がった。

 テークアウト(持ち帰り)、料金プランの見直し、宿泊の割引券やクーポンといった独自対策についても聞いた。

 観光業への影響について、高橋社長はリーマン・ショックと重ねる一方、「恐怖感を植え付けるコロナは行動を萎縮させる」と違いを指摘。インバウンド(訪日外国人客)にも触れると、「国内のツーリズムは戻ると思うが、インバウンドは簡単には戻らない。コロナ以前の状況に戻るには数年はかかる」とみた。

 影響が収まる見通しが立たない状況にはあるが、高橋社長は地域が長年培った着地型観光を自信に「耐えて勝つ」と語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞