市田柿の収穫がピーク迎える

南信州経済

[ 2014年 11月 4日 火曜日 9時04分 ]

 飯田下伊那特産の干し柿「市田柿」の加工作業がピークを迎え、風物詩にもなっている「柿すだれ」の風景が各地に広がっている。JAみなみ信州によると、ことしは着果量が多い「なり年」で、出荷量は深刻な凍霜害に見舞われた前年を4割ほど上回る見通しという。

 25アールのほ場で生産している高森町山吹の農家でも、皮むきやつるす作業が本格化した。2日も自宅に備えた作業場で役割を分担して加工。月末までに8000キロを出荷する計画といい、「気象条件に左右される難しさもあるが、みなさんに喜ばれるおいしい柿をつくりたい」と口をそろえた。

 同JAに出荷している飯伊の柿部会員は約2600戸。ことしから果肉に傷を付けない脱針式皮むき機に完全移行しており、導入から4年で農家の98%が針を刺さずに皮をむく機械を備えたという。

 前年の生産量が少なかった影響から、ことしは花芽が充実し、着荷量が増大した。昨年に凍霜害を受けた産地は「近年にない着果量になった」という。

 量が増えたため、小玉傾向も見られるが、糖度が高く品質は上々。JAは前年比4割増の1400トンを出荷する計画で、3割増の約26億円の売り上げを見込んでいる。

 1カ月ほど乾燥させ、干し柿にして渋みと甘みを付ける。出荷は11月下旬に始まり、12月下旬に最盛期を迎える。

 飯伊産で最も有名な特産品に成長した市田柿は、約600年前から伊那谷に多く見られた在来の渋柿。昭和20年代に干し柿として商品化された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞