市田柿ブランド推進協議会が総会開く

南信州経済

[ 2010年 6月 8日 火曜日 8時36分 ]

 飯田下伊那地方の特産「市田柿」の生産、販売に携わる事業者など34団体でつくる「市田柿ブランド推進協議会」(会長・本井治下伊那地方事務所農政課長)は4日、飯田市追手町の飯田消費生活センターで総会を開いた。2009年度事業報告や10年度事業計画に加え、今年度新たに設ける「市田柿品質基準」についても協議し、承認した。

 品質基準の策定は、昨年度の総会で、各事業所で異なる基準を同協議会内で統一し、ブランド力の強化に向け一丸となって取り組もうとの提案を受け、検討がスタート。検討委員会を立ち上げ、アンケート調査や、実物を持ち寄っての目合わせ、ボーダーラインの確認などを行い決定した。

 同基準は「市田柿」の名称で生食用として出荷・販売する干し柿に適用。「干し柿」「ころ柿」などの名称で出荷・販売するもの、菓子原料など加工用として出荷・販売する「市田柿」については適用しない。乾燥状態や粉の量、色上がりなどの5項目で、目標とする品質、「市田柿」の名称で出荷・販売しない品質が、写真とともに表示される。同協議会では今後、各団体から生産者へ配布を進めていくという。

 このほか10年度事業計画によると、昨年被害の多かったカイガラムシの防除研修会を初めて開催するほか、原料柿熟度情報の提供による適期収穫の推進、投資効果の検証を通じた脱針式皮むき機の導入推進などにより、品質の維持向上に努めるという。また、市田柿コンクールを開催するなどブランドのPRも積極的に行うとした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52