市田柿加工した「のし柿」開発 高森町の天竜産業

南信州経済

[ 2017年 9月 28日 木曜日 15時01分 ]

市田柿をペーストにした「のし柿」

 高森町下市田の市田柿の専門店、天竜産業(原八州彦社長)は、市田柿をペーストに加工した「のし柿」を開発したと28日、南信州地域振興局の「おいしい記者会」で発表した。「このタイプの市田柿の食べ方は、日本では初めてではないか」と原社長(61)。10月1日から同社で販売を始め、徐々に販路を広げていきたい考えだ。

 同社は1968(昭和43)年に創業。市田柿の卸を専門に商売し半世紀近くになる。一昨年から市田柿を利用した商品開発にも着手。柿の皮を使ったかりんとうや柿うどん、スパゲティー、柿の皮のシロップで作ったサイダー、ジャムなどを次々に提案。今回ののし柿で8種類を数える。

 原社長は「市田柿をそのまま食べるのが主流だったが、市田柿を通年食べるにはどうしたらよいか。新しい食べ方、変わった食べ方を考えていきたい。若い人たちにもっと市田柿を食べてもらい、消費拡大につなげたい」と語る。

 今回開発したのし柿は「干柿そのものでは使い方が決まってしまっていて今まで以上の食べ方は無いと思い、ペーストにしてみたところ、いろいろな使い方が見えてきた」と同社長。ペーストそのものをソースとして使ったり、シロップを絞ったり、乾燥させるなど、いろいろ試しているうちにのし柿にたどり着いたという。

 市田柿をつぶしてのばし乾燥させただけで添加物は一切使っていない。1個の干柿から3枚ののし柿ができる。料理やお菓子(おやつ)のほか、チーズやサラミなどをのせて酒のつまみにもなる。個別包装で携帯しやすく、栄養価も高い。1枚5グラム、1袋10枚入り500円(税抜)。問い合わせは、同社(電話0265・35・2068)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞