市田柿100億円産業へ連携

南信州経済

[ 2016年 11月 30日 水曜日 15時13分 ]

002市田柿GI_k JAみなみ信州とJA上伊那は30日に会見し、地域全体の総販売額が50億円となっている市田柿の100億円産業化を目指す地域農業振興ビジョンを、国が求める農協改革として進めると発表した。JA上伊那との販売連携、GI(地理的表示保護制度)の活用など販売対策7項目を掲げ、生産者の手取りを10%向上させる目標も示した。

 両JAは2012年から共同利用施設と販売事業の連携に向けたプロジェクト会議を設置し、果実と柿、米の作業チームで検討を進めてきた。

 市田柿は翌13年からノンパック(バラ)の連携出荷を継続してきたが、JAみなみ信州によるGI取得を機にパック市田柿でも連携すると決めた。集荷した市田柿は全量をJAみなみ信州が販売する。

 連携の強化によって集荷量を確保して市場ニーズに応え、GIを品質保証と産地の差別化につなげ、販売単価を上げるなどして、連携によるコスト削減と、売り上げアップで生産者の手取り10%増を目指す。

 生産者の所得と意欲を高めることで新規就農者を増やし、栽培面積を拡大させることで、将来目標として示した総販売額100億円を実現させる―としている。

 販売対策にはこのほか▽2月までの販売期間を5月まで拡大▽コンビニ販売と少量パック販売による消費者層の拡大▽菓子などの加工品や贈答品、ふるさと納税の返礼品など販売手法の多様化▽GIを生かした輸出の拡大▽リニア開業に向けた取り組み―を掲げている。

 GIのマークを付けた市田柿は26日に東京の大田市場に初出荷され、同市場で開いた試食・宣伝会で田内市人組合長がトップセールスを行った。

 市田柿の昨年度販売実績はみなみ信州が29・4億円(1180トン)で、上伊那は4818万円(24トン)。本年度はみなみ信州が31・5億円(1240トン)、上伊那が5000万円(25トン)の販売を見込んでいる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10