「並木横丁 いこいこ」に決定 飯田市街地商業施設の名称

南信州経済

[ 2014年 10月 8日 水曜日 9時31分 ]

 来月1日に飯田市の中心市街地にある「りんご並木」近くにオープンする商業施設の名称が「並木横丁 いこいこ」に決まった。施設を運営する飯田まちづくりカンパニー(同市知久町)が名称を募集し、7日に発表した。

 寄せられた68点の中から、斉藤和枝さんの「いこいこ」を選び「並木横丁」の冠を添えた。斉藤さんは「このエリアへ行こう行こう」の思いを込めて孫と一緒に考案。逆から読むと「こいこい」となるため、多くの来客を期待する出店者側の願いに合致する点も決め手となった。

 施設は本町1と通り町1にかけての「りんご並木」と川本喜八郎人形劇美術館の間に位置し、改修店舗や空き地への新築店舗などで構成。リラクゼーション(マッサージ)や雑貨などの複合型を含む7つの飲食店が入る。大半が創業希望者を対象に同社など7者で実施した「まちなか空き店舗再生創業塾」の受講生となっている。

 延べ床面積は約720平方メートル。「りんご並木周辺商業施設等整備事業」として、同社が総事業費約4億2000万円で整備し、3分の2は国の補助金となっている。4月に先行して通り町駐車場がオープンしている。11月1日は午前10時からグランドオープン式典を開く。

 同社の伊藤昇社長は「空き地や空き店舗・ビルを活用して、にぎわいを創出しようとする新しいスタイルの施設」と指摘。いずれの店舗でも飲食を楽しめる点も特色に挙げ「商業を取り巻く環境は厳しいが、円滑に事業が進めば」と多くの来客を期待している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26