平谷村で日本酒「純米ござねぶり」販売へ

南信州経済

[ 2015年 12月 19日 土曜日 8時06分 ]

 平谷村で栽培した酒米で醸造した日本酒「平谷純米ござねぶり」の生原酒が完成し20日から、村内の酒店まつのやで販売する。村内の温泉やスキー場のレストラン、各飲食店の店内で飲むこともできる。

 「ござねぶり」は平谷の方言で「宴会が終わりに近づいても、席を立たずに酒を飲み続ける人」のこと。周りの迷惑を顧みないほど、楽しく飲んでほしいとの願いから名付けられた。

 生原酒は甘口でまったりとした味わいが特徴。アルコール度数18・5%。酒米には農薬を控えた平谷産のみを使用した。1・8リットルびん換算で242本分を販売する。来年2月には通常の火入れ酒も登場する予定だ。

 1・8リットル、720ミリリットル、300ミリリットルの3種類があり、価格は税別でそれぞれ2400円、1200円、500円。販売はまつのや(電話0265・48・1131)のみで取り扱う。

 村観光協会長の小池正充村長は「村振興の一つの起爆剤になるのでは」と期待。まつのやの塚田暁子店長は「おいしく飲んでもらうことが一番。皆で一生懸命酒米を育てたことを伝えながら販売していきたい」と話していた。

 同村は昨年から日本酒をコーンスープに並ぶ村の特産品にしようと、地域おこし協力隊と村観光協会有志で、伊那市の酒造会社宮島酒店の協力のもと遊休農地を活用した酒米栽培を続けてきた。

 初年度は収穫量が少なく甘酒のみだったが、ことしは甘酒と日本酒の両方を生産できた。甘酒はすでに村内各所で販売している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞