新商品「柿うどん」を発表 市田柿の皮の粉末活用し 高森町

南信州経済

[ 2017年 7月 5日 水曜日 16時59分 ]

柿うどんの試食・発表会

 高森町の市田柿発祥の里活用推進協議会(新井徳二会長)は4日、市田柿を活用した新商品「柿うどん」の試食・発表会を同町福祉センターで開いた。試食した関係者約30人は「つるつるしている」「のどごしがいい」「こしがある」などと好評だった。

 柿うどんを発案したのは、同協議会の企画開発部長で市田柿の生産加工を専門とする天竜産業の原八州彦社長(61)。18年ぐらい前から、捨てている柿の皮を活用できないかと考え、柿の皮の粉末をかりんとうの中に入れてみたこともあったが、揚げることで柿の味がしなかったという。

 6次産業化プランナーで長野市の割烹料理店主に相談したところ、うどんにしたらいいのではと助言を受けた。紹介された同市の製麺会社に試作品を依頼したところ、のどごしのよさに「夏場の商品としていける。冷やしうどんやざるうどんに向いている。サラダにしてもいい」と商品化に踏み切った。

 柿うどんを試食した同協議会の新井会長(80)は「平成18年の発足当初から市田柿を活用した生菓子やチップなどの商品開発を進めてきたが、なかなかできなかった。今回の柿うどんは一般に商品化できる可能性がある」と手応えをアピール。同町商工会の北城勇会長も「のどごしがよく、市田柿の独特な香りがいい」と太鼓判を押した。熊谷元尋町長は「年に1回学校給食で提供したい」と述べた。

 原社長は「うどん粉と塩に柿の皮の粉末(5%)を入れただけ。着色剤を使わず、そのままのものを提案している。明日から町内の飲食店(割烹旅館美好、おさかな亭いおり)で提供を始める。徐々に広がっていき、町の特産品になればそれこそいい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15