新宿駅で南信州をPR

南信州経済

[ 2014年 4月 17日 木曜日 19時38分 ]

 首都圏からの観光誘客につなげようと、阿智村と駒ケ根市、飯田市などはこのほど、東京のJR新宿駅で春の首都圏観光誘客キャラバンを行った。阿智村の熊谷秀樹村長ら3市村の観光関係者30人ほどがJR東日本の旅行商品を通じて、昼神温泉をはじめとした南信州の魅力をPRした。

 この活動は、ことしで7年目。中京圏からの観光客が8割を占める中、首都圏からの誘客を図ってマーケットを拡大しようと阿智村観光協会と飯田市観光協会が始めた。2010年から駒ケ根市も参加するようになった。

 JR東日本の鉄道と直行バスを利用した昼神温泉、早太郎温泉のツアーを企画。JR東日本が自社事業として「昼神温泉」の名の入ったポスターや中づり広告を165の駅と山手線などの3000車両に掲示し、首都圏での大きな宣伝効果をもたらしている。

 キャラバンは4月13日からのツアー開始を前に、10―11日にあずさの出発駅になる新宿駅で実施。県のアルクマや駒ケ根市の「こまかっぱ」など観光PRキャラクターも参加して、新宿駅構内で行きかう人々に昼神温泉と早太郎温泉へのツアーを宣伝した。また熊谷村長らはJR東日本の旅行事業部「びゅう」の各支店を訪問し、ツアーへの協力を要請した。

 熊谷村長は「リニア中央新幹線の開通を見据え、首都圏でも昼神温泉の認知度を上げていくことが必要だ。先人が築いたこの取り組みをしっかり受け継いでいきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞