日本版DMOに阿智☆昼神観光局を登録

南信州経済

[ 2017年 11月 29日 水曜日 16時04分 ]

 

 観光庁は28日、国が進める新たな観光組織「日本版DMO」の第1弾として阿智村の阿智☆昼神観光局を含む41法人を登録した。登録された法人は、国から特別な支援が受けられるようになる。

 日本版DMOは、観光を主体に総合的な地域づくりを担う組織で地方創生の中核として期待されている。候補法人のうち▽地域合意形成の中核的役割▽継続的なデータ調査(延べ宿泊者数、旅行消費額、満足度など)▽一元化した情報発信▽安定的な運営資金の確保―などの要件を満たした法人が登録される。

 同観光局は自治体単位の「地域DMO」に登録された。県内では、より広域的な「地域連携DMO」として長野県観光機構、栄村を含む雪国観光圏、富士見町と原村を含む八ケ岳ツーリズムマネジメントが第1弾で登録された。

 同観光局は、昼神温泉郷の地域マネジメントを手掛けた昼神温泉エリアサポートを発展する形で昨年5月に発足。昨年2月から候補法人に登録されていた。候補法人には、南信州観光公社も登録されている。

 観光地域づくりへの特別な支援として、観光庁は来年度20億円を予算要求している。支援は日本版DMOとそれに連携して事業を行う関係団体が利用することができる。同観光局は、近隣の団体と連携しながら広域的な観光事業にも役立てる方針だ。

 DMO登録を受け、熊谷秀樹阿智村長は「いままでの活動が認められたことをうれしく思う。これからも地域振興のため新たな挑戦を続けたい」と喜んだ。

 同観光局の白澤裕次社長は「地域をどうしていくのかを考えるのが我々の役目。さらに地域づくりに貢献したい。地域DMOではあるが、リニア時代を見据え広域的な地域連携も図りたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30