旬の味覚をどうぞ 豊丘村の桃狩り8日から

南信州経済

[ 2017年 7月 6日 木曜日 15時07分 ]

ピンクに色付いた胡桃沢さん方の桃

 豊丘村の桃狩り観光が8日から始まる。農家と農業生産法人の計2カ所で受け入れる。8月下旬まで。

 桃狩り観光はNPO法人だいちが夏場の誘客策として企画し15年目。桃園で収穫を体験した後、村交流センターだいちで別途用意される試食用の桃を食べ放題で楽しめる。

 河野の竜東一貫道路沿いにある胡桃沢健さん(79)方では約80本を栽培する。約60アールには早生から晩生までの計15品種が植わり、このうち甘みが特長の「早生白鳳」と「山梨白鳳」は盛り。どちらも表面が濃いピンクに色付いた。

 胡桃沢さんによると、平年と比べると熟期は1週間ほど遅い。そのため来月いっぱいの受け入れができそうで「たくさんの人に味わってもらいたい」と話していた。

 胡桃沢さんは桃の栽培を始めて61年目となった。木の間隔を広げることで日照条件が良くなり、味、色付きとも定評のある実を付ける。ピークの異なる品種を選ぶなど、期間中はいつでも食べごろの桃を提供できるよう工夫もする。妻の衣さん(72)との二人三脚で長年続け、5年前からは後継者の育成にも力を注ぐ。

 桃狩りは食べ放題で個人は1300円、団体は1100円。2個まで収穫できる。予約が必要。問い合わせ、申し込みは交流センターだいち(電話0265・34・2520)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43

特産「三紀層大根」種まき 2カ月後の収穫に思い馳せ 阿南町富草小

9月13日木曜日15:24

南部5町村の青年農業者が交流会

9月12日水曜日15:02